債権CFDのリスクを抑える為にもチャートは覚えよう

国や企業は資金を調達する為に“債権”を発行します。
この債権を投資家たちが購入して初めて、発行元となっている国や企業は資金を得ることができるというわけです。
また債権には金利が設定されているので、投資家は最初に購入した金額+金利を得られるという仕組みです。

CFD取引の1つに債権CFDという商品がありますが、この債権とは国が発行する国債のことを指します。
企業の債権に比べて安定感があるのと、金利が高めに設定されているのが魅力となっています。
ただ日本は先進国なので、新興国に比べると金利は低めとなっていますが、その分、リスクも少ないのが特徴です。
債権CFDは国が破たんすれば、せっかく購入した国債もただの紙切れ同然となります。
つまり先進国よりも新興国のほうが破たんする確率は高いので、金利を高くしなければ購入してくれる投資家が集まらないのです。
しかしハイリスクがある分ハイリターンも期待できるので、新興国の債券も人気があります。
債権に関わらずCFD取引はハイリターンが期待できるものはハイリスクの危険性もあり、逆にローリターンのものはローリスクで収まるのが基本です。
少しでもリスクを抑えるためにもチャートの見方は覚えておいた方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>